« 頭部がスケルトンの深海魚 デメニギス | メイン

鉄のうろこを持つ巻き貝「スケーリーフット」

鉄のうろこを持つ巻き貝「スケーリーフット」

名前:スケーリーフット
体長:4.5㎝
深度:2000~3000メートル付近の暖かい海底に多数生息
nagadueeso.jpg
全長5センチほどのスケーリーフット。
深海2420メートルにひっそりと生活しいる巻貝、ウロコフネタマガイを日本の水族館で飼育に成功!
鉄のうろこを持つ巻貝として学術的にもかなり珍しい生物で、産業にもその体内構造が利用できるかも
しれないと注目されています。

貝殻の最大で4.5センチ程度、従来ではインド洋付近のかいれいフィールドにわずかな数が生息していると
考えられてきました。
ところが研究チームが11月に調べてみると地面にびっしりと何千~何万引きのスケーリーフットが生息!
その一部を持ち帰り、水族館にて世界初の生物の公開となりました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.umafish.com/mt/mt-tb.cgi/67

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2009年12月01日 19:08に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「頭部がスケルトンの深海魚 デメニギス」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35