« 新種!メデューサワーム Bobmarleya | メイン | 鉄のうろこを持つ巻き貝「スケーリーフット」 »

頭部がスケルトンの深海魚 デメニギス

頭部が完全にスケルトンの深海魚『デメニギス』

名前:Macropinna microstoma
体長:15㎝
深度:どれぐらいの深さに生息しているかは不明
nagadueeso.jpg

大きい画像はこちら


全長15センチほどの深海魚デメニギス(学名:Macropinna microstoma)。
緑色の球状部分が円筒形の高感度の眼で、戦闘機のコックピットを思わせる頭部から真上に飛び出ている (写真)。
通常の眼の位置にあるのは鼻に相当する器官だ。この写真は23日に公開されたが、撮影は2004年に行われていた。

アメリカのモントレー湾水族館研究所(MBARI)が、カリフォルニア州中央沿岸部沖の深海で生きたデメニギスを発見した。
その軟らかく透明な半球状の眼球が無傷のまま見つかったのは同種では初となる。

1939年以降、デメニギスの存在は確認されていたが、引き揚げられる途中で魚網に絡んで傷だらけになってしまうのが常だった。

それにしてもまだこのようななぞめいた生物が無数にいると思われる深海。
世界中の深海にはまだまだ未知の巨大生物や異形の生物がいるなんて素敵ですね!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.umafish.com/mt/mt-tb.cgi/66

コメント (1)

雪カエル:

すごい!!深海魚って魅力的な魚が多いですね~。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2009年02月25日 15:50に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「新種!メデューサワーム Bobmarleya」です。

次の投稿は「鉄のうろこを持つ巻き貝「スケーリーフット」」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35