« ホテイエソ | メイン | ナガヅエエソ »

ニホンヤモリザメ

日本特有のヤモリザメ『ニホンヤモリザメ』

名前:ニホンヤモリザメGaleus nipponensis
体長:70㎝
深度:310~540m
nihonyamorizame.jpg

大きい画像はこちら
主な分布域が、日本の周辺であることより呼名されたものと思われます。 千葉県沖以南に分布します。310~540mのやや深海底に生息し、底びき網や手繰網で捕獲され、練製品原料等になります。
この呼名は、北海道大学水産学部の仲谷一宏博士により命名されたもので、九州-パラオ海嶺ならびに土佐湾の魚類(1982)の中で、博士は「本種は鼻孔に髭がなく、背鰭棘を欠き、2基の背鰭を備え、第一背鰭が腹鰭より後方に始まることでトラザメ科とされています。本科の中では、尾鰭に肥大鱗列を持つことでイモリザメ属と共に特異です。
ヤモリザメ属は吻が長いことが特徴で、日本海では3種が知られています。 ニホンヤモリザメはその中の最大種で前鼻孔より前の吻部が特に長く、その長さは目径とほぼ等しいかそれより大きいことで区別できるそうです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.umafish.com/mt/mt-tb.cgi/63

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2008年03月06日 15:24に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ホテイエソ」です。

次の投稿は「ナガヅエエソ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35