« クロカサゴ | メイン | ヤモリザメ »

レプトセファルス

透明の巨大魚!?『レプトセファルス』

名前:レプトセファルスGiant Leptocephalus
体長:
深度:
Leptocephalus.jpg

大きい画像はこちら
レプトセファルス (レプトケファルスとも呼ばれています) とは葉形仔魚という意味で、ウナギの仲間 (ウナギ、アナゴ、ウツボなど) をはじめ一部の魚類の幼生の総称です。

レプトセファルスは赤血球が欠落しているため透明で、薄く細長い体型で、その名の通り葉っぱのような姿をしています。通常10cm前後の小さなもので、一般的に、ウナギの成魚はレプトセファルスの約18倍、アナゴは約30倍の大きさに成長します。

1930年代にセント・ヘレナ島で1.8メートルもある巨大なレプトセファルスが捕獲されましたが、上記の計算方法で成魚の大きさを割り出すと、ウナギの場合、32メートル、アナゴの場合、54メートルと、とんでもない大きさに成長することが期待されます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.umafish.com/mt/mt-tb.cgi/59

コメント (1)

ぎらぎらくん:

深海の男だぞーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2008年03月06日 15:13に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「クロカサゴ」です。

次の投稿は「ヤモリザメ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35