« ギンダラ | メイン | レプトセファルス »

クロカサゴ

いかつい風貌、実は軟弱『クロカサゴ』

名前:クロカサゴEctreposebastes imus
体長:18㎝
深度:
kurokasago.jpg

大きい画像はこちら
クロカサゴはその名の通り黒いカサゴなので普段見慣れている赤色系のカサゴとは違った印象を受けます。特徴は太い溝状の側線で昼夜鉛直移動をするといわれています。
体は軟弱で、鱗がとれやすく、頭の棘は弱いようです。背鰭に12本の棘があります。

日本では、襟裳岬以南の日本太平洋岸沖合、中部太平洋、大西洋に生息します。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.umafish.com/mt/mt-tb.cgi/58

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2008年03月04日 15:12に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ギンダラ」です。

次の投稿は「レプトセファルス」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35