« キアンコウ | メイン | クロカサゴ »

ギンダラ

二十年以上生きる『ギンダラ』

名前:ギンダラAnoplopoma fimbria
体長:100㎝
深度:300~600m
gindara.jpg

大きい画像はこちら
体長は1mほどもある大型の魚で、全身が黒褐色をしています。和名のとおり外見がタラによく似ていますが、タラではなくアイナメやホッケに近い魚です。
下あごにひげがなく、背びれが2つしかないことでタラ類と区別できます。

北海道内浦湾以北からアメリカ・カリフォルニア州沿岸までの北太平洋に分布し、水深300-600mほどの深海の泥底に生息します。
冬に産卵し、孵化した稚魚は浅い海で生活しますが、成長するにつれ深海で生活するようになります。食性は肉食性で、魚類、甲殻類、頭足類などなんでも食べます。寿命は20年以上とみられます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.umafish.com/mt/mt-tb.cgi/57

コメント (1)

アリス:

すごいですね♪感動しました!もっと沢山見つけてほしいです★

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2008年03月04日 15:10に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「キアンコウ」です。

次の投稿は「クロカサゴ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35