« イバラヒゲ | メイン | キアンコウ »

オキアカグツ

海底をはう『オキアカグツ』

名前:オキアカグツHalieutaea sp.
体長:35㎝
深度:300~360m
okiakagutu.jpg

大きい画像はこちら
アンコウ目のアカグツ科の属し、岩手県からインドまでに分布しています。日本では、本州中部以南の太平洋側で、よく見られます。
体盤は円形で、腹面はなめらかで、体背面に帯状模様があり、口は下側にあります。動きが鈍く、大きな回遊はしません。通常海底に静止していることが多いようです。ときには胸びれを使って海底をはいます。 地方名では、アカアンコウ、ハリアンコウとも呼ばれています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.umafish.com/mt/mt-tb.cgi/55

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2008年03月04日 15:06に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「イバラヒゲ」です。

次の投稿は「キアンコウ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35