« フウリュウウオ | メイン | トリカジカ »

ニホンヘラザメ

海底を体をくねらせながら遊泳『ニホンヘラザメ』

名前:ニホンヘラザメApristurus japonicus
体長:60㎝
深度:500~2000m
nihonherazame.jpg

大きい画像はこちら
世界に30種以上、日本に少なくとも6種は存在するヘラザメ属の1種で、北海道から東北沖に分布しています。
この仲間は水深500から2000メートルの深海に生息し、海底付近で体をくねらせながら遊泳します。柔らかな体と感覚器官が集中する長い吻をもち、発光器はもちません。
本種の特徴は楯鱗が細かく分布密度の高いこと、腹部が比較的長いことなどで特徴付けられます。
東北沖にはもう1種、アラメヘラザメ(Apristurus fedorovi)が分布しますが、ニホンヘラザメは体が比較的がっしりしていること、楯鱗が細やかなこと、腸の螺旋弁回転数が多いことなどにより識別されます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.umafish.com/mt/mt-tb.cgi/48

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2008年02月23日 00:33に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「フウリュウウオ」です。

次の投稿は「トリカジカ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35