« アカナマダ | メイン | ムネダラ »

アバチャン

寒天質でブヨブヨ『アバチャン』

名前:アバチャンCrystallichthys matsushimae
体長:35㎝
深度:200~350m
abatyan.jpg

大きい画像はこちら
アバチャンは、体に褐色の斑紋と口の周りにヒゲがあるのが特徴です。体は寒天質でブヨブヨ、色は半透明で、赤橙色の流状の斑文があります。お腹には吸盤を持っています。水族館でも時折見ることができ、水槽のガラスに張り付いたりする様子が観察されています。ひだのある大きな胸鰭を手のように使い、体をほぼ垂直に立てて、口先を海底に近づけ、泥の中のヨコエビ類などを食べます。
通常は水深数百メートルの海底に生息する深海魚ですが、北海道では冬から春に沿岸の浅場に出没し、ダイバーの人気を集めています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.umafish.com/mt/mt-tb.cgi/39

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2008年02月20日 14:31に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「アカナマダ」です。

次の投稿は「ムネダラ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35