« アカドンコ | メイン | クマノカジカ »

イトヒキダラ

身体から糸が伸びる『イトヒキダラ』

名前:イトヒキダラLaemonema longipes
体長:50㎝
深度:500m
itohikidara.jpg

大きい画像はこちら
イトヒキダラは、下あごが出ていて、ヒゲがありません。名前通り腹びれが糸を垂らしたように伸びています。体は細長く伸長で、頭が小さいです。尾柄部は細く、尾びれは比較的小さく、第1背びれは伸びません。腹びれは細長くひも状に伸長し、先端で2叉します。
500m以深にすみ、底曳網などで大量に漁獲され、練製品等の原料になります。
チゴダラ科に属し、ソコダラ類と同じ深海魚の仲間で北日本の太平洋、オホーツク海に分布しています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.umafish.com/mt/mt-tb.cgi/35

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2008年02月20日 11:28に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「アカドンコ」です。

次の投稿は「クマノカジカ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35