« アカチョッキクジラウオ | メイン | アカドンコ »

アカクジラウオダマシ

ビロードのような質感『アカクジラウオダマシ』

名前:アカクジラウオダマシBorbourisia rufa
体長:40cm
深度:120m~1390m
akadamasijpg.jpg

大きい画像はこちら
極めて稀な種で、全長40cmほどに達します。
北日本の太平洋岸、メキシコ湾、マダガスカル沖での漁獲記録があります。口が大きいですが、歯は著しく小さく幅広い帯状をしています。鰭には棘が無く背鰭と臀鰭が対在します。体は赤色で細かな小棘で覆われ、表面はビロードのようです。側線の孔は大きくはっきりと見えます。
深海性で浮き袋は無く、水深120mから1390mで生息しています。トロールなどで極めて稀に漁獲されますが、食用にされることはありません。
岩手県では三陸町綾里沖で漁獲されたことがありますが、日本から5個体ほど、世界でも数個体が記録されているに過ぎず、生態などは知られていません。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.umafish.com/mt/mt-tb.cgi/33

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2008年02月19日 14:28に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「アカチョッキクジラウオ」です。

次の投稿は「アカドンコ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35