« ミナミオロシザメ | メイン | ノロゲンゲ »

アオメエソ

青緑色の澄んだ眼『アオメエソ』

名前:アオメエソChlorophthalmus albatrossis
体長:15㎝
深度:100~300m
aomeeso.jpg

大きい画像はこちら
アオメエソは姿形はイワシに似て、特に変わっている訳ではありませんが青緑色の澄んだ眼が最大の売りです。淡白で美味な食用魚として人気も高い魚です。
青緑色に光る大きな眼をもっていることから通称「メヒカリ」と呼ばれています。
常磐沖で漁獲されるメヒカリの標準和名が、マルアオメエソもしくはアオメエソとされていますが、分類学的にはまだ論議されており明確にされておりません。
メヒカリ類は、南はフィリピン沖から北は常磐沖まで分布しています。日本周辺では宮崎沖、土佐湾、駿河湾、相模湾そして房総~常磐沖等で漁獲され、福島沖はおおよそ分布の北限になっています。目が大きくて光を反射することからわかるようにやや深海性の魚で、福島沖では水深100~300mに生息します。
メヒカリの名前の由来は目が大きく、光を反射すると黄緑色に光って見えるためであるといわれていまが、実際に光を放つ発光器は肛門のあたりにあります。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.umafish.com/mt/mt-tb.cgi/27

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2008年02月18日 14:23に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ミナミオロシザメ」です。

次の投稿は「ノロゲンゲ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35