« アイビクニン | メイン | ミナミオロシザメ »

ホウライエソ

頑丈な下顎と牙をもつ『ホウライエソ』

名前:ホウライエソChauliodus sloani Bloch & Schneider,1801
体長:約35cm
深度:500~2,500m
houraieso.jpg

大きい画像はこちら
ホウライエソは、ワニトカゲギス目ホウライエソ科に属する魚で、体長35センチメートル。長くのびた背びれで、小魚をおびき寄せる習性を持ちます。

水深500~2,500メートル程度の、温帯から熱帯海域に生息します。夜になると比較的浅い水深まで上がってきます。
待ち伏せ形のハンターで、長く伸びた背ビレの先に光る部分があり、アンコウのように小魚をおびき寄せ、鋭い歯の並んだアゴを思いっきり前に突き出して、獲物に突き刺して捕らえます。

下腹部に発光器が並び、背鰭の前縁が長く延びます。背中の後端にアブラ鰭を持ち、長い牙を具えます。特殊な骨格を持ち、頭部を上方に跳ね上げ大きく口を開くことができます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.umafish.com/mt/mt-tb.cgi/25

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2008年02月18日 11:30に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「アイビクニン」です。

次の投稿は「ミナミオロシザメ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35