« フクロウナギ | メイン | ベニオオウミグモ »

フチマルギンメ

ふてくされた顔『フチマルギンメ』

名前:フチマルギンメDiretmus argenteus
体長:15㎝
深度:
futimaruginme.jpg

大きい画像はこちら
フチマルギンメは世界に四種が知られているナカムラギンメ科に属し、一属一種です。
腹びれの前のお腹の中央に稜鱗(体の表面にある骨質または角質の【棘】や隆起線を持った板状鱗)と呼ばれるギザギザのウロコを持つことがナカムラギンメとの違いです。

大西洋,インド洋,太平洋の暖海の深海に広く生息しています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.umafish.com/mt/mt-tb.cgi/19

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2008年02月16日 14:18に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「フクロウナギ」です。

次の投稿は「ベニオオウミグモ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35