« トガリムネエソ | メイン | フチマルギンメ »

フクロウナギ

ペリカンのような口を持つ『フクロウナギ』

名前:フクロウナギEurypharynx pelecanoides
体長:約75cm
深度:500m-7500m
fukurounagi.jpg

大きい画像はこちら
フウセンウナギ目・フクロウナギ科に分類される魚で、属名からユーリファリンクス、あるいはマクロファリンクスと呼ばれることもあります。
全長75cmほどで、自分よりも大きな獲物でも飲み込むことが出来る口を持ちます。非常に大きく良く開き、ペリカンのような形状から学名はEurypharynx pelecanoidesといいます。フクロウナギの異様な大きさの口は深海の少ないプランクトンや小魚を効率よく摂取する知恵です。

両顎には微小な歯が生えており、目は小さく頭の先端近くにあります。背びれの起点は頭部にあり、尻尾は長く細く、先端に発光器があり、これをルアーのようにして餌をおびき寄せるのではないかとも推定されています。

大西洋、インド洋、太平洋の温帯から熱帯域の水深500m-7500mに見られる深海魚で、日本では宮城県~高知県などの太平洋側で見られますが、特に小笠原諸島近海の水深1200m-1400m付近では比較的普通に見られるそうです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.umafish.com/mt/mt-tb.cgi/18

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2008年02月16日 14:11に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「トガリムネエソ」です。

次の投稿は「フチマルギンメ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35