« ヒレナガチョウチンアンコウ | メイン | フクロウナギ »

トガリムネエソ

深海で光る『トガリムネエソ』

名前:トガリムネエソArgyropelecus aculeatus
体長:小指程度
深度:1,000m程度
togarimuneeso.jpg

大きい画像はこちら
トガリムネエソはムネエソ科テンガンムネエソ属に属し眼が管状になっていて上を向いています。人の手の小指ほどしかない小さな魚です。
背刀と呼ばれる背びれの前にあるモヒカンのような膜が大きくせり立っているのが特徴で、著しく側扁した平べったい体を持ちます。
下顎に細長い犬歯があり、お腹の下に2本の棘があります。腹部に発光器を持ち、深海で光ります。

水深1,000m程度まではかろうじて日光が届くため、この領域に住む深海魚には体に対して非常に大きな眼球を持つそうです。
トガリムネエソは熱帯,温帯水域に分布し,大西洋ではメキシコ湾,カリブ海,中部大西洋に生息しています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.umafish.com/mt/mt-tb.cgi/17

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2008年02月16日 11:27に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ヒレナガチョウチンアンコウ」です。

次の投稿は「フクロウナギ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35