« クロタチモドキ | メイン | テングギンザメ »

センジュナマコ

イルカの風貌に長い足『センジュナマコ』

名前:センジュナマコScotoplanes globosa
体長:10㎝
深度:
senjyunamako.jpg

大きい画像はこちら
センジュナマコは深海のやわらかい泥上の海底に生息しています。
深海性のナマコは半透明で色んな形をした種類が多く、しかも魚が少なくなる6000mを越える深さでは逆に普通に見られる優占種として幅を利かせています。

長い手を持ち、プックリした体に角がはえています。発達した足は泥に沈み込まないための工夫だそうです。
口の触手を使って泥に含まれる有機物を食べています。

このこんにゃくのような体に、愛らしい瞳、そして謎の触手。センジュナマコという名前はこの謎の「千手」からきているのでしょう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.umafish.com/mt/mt-tb.cgi/14

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2008年02月16日 10:21に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「クロタチモドキ」です。

次の投稿は「テングギンザメ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35