« カグラザメ | メイン | センジュナマコ »

クロタチモドキ

頑丈な下顎と牙をもつ『クロタチモドキ』

名前:クロタチモドキAphanopus carbo
体長:最長1m
深度:
korotatimodoki.jpg

大きい画像はこちら
クロタチモドキは深海ではマイナーな存在になってしまうスズキ目の仲間でタチウオ科に属します。このグループは体が薄くて長いことが特徴です。

成長が遅く、生殖可能になるまで長い時間を要する上に、特に乱獲の対象になりやすいため、深海の生態系が崩壊するリスクの高さを鑑み、欧州委員会にて保護強化を提案された深海魚の一種です。

食用として有名なタチウオ科に属しますが、タチウオと違い、利用価値は低いようです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.umafish.com/mt/mt-tb.cgi/13

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2008年02月15日 14:36に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「カグラザメ」です。

次の投稿は「センジュナマコ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35