« リュウグウノツカイ | メイン | ニシオンデンザメ »

オニキンメ

自分の口より歯のほうがでかい深海魚の異端児『オニキンメ』

名前:オニキンメ Anoplogaster cornuta
体長:9センチ
深度:600~2900メートルに生息 オニキンメ

大きい画像はこちら
口に収まらない歯の大きさ、映画のエイリアンを思い浮かべてしまう容姿。
上下2本に大きな歯があり、成長するにつれて歯が枝分かれします。
かなり怖い姿をしていますが、実物は以外に小さく手の平にちょこんと乗っかる程度の大きさです。
キンメダイ目オニキンメ科に属し二種類が知られています。種類によっては15センチほど成長するものもいるようです。
太平洋~インド洋、大西洋の温暖な深海にのみに生息しています。

名前の由来は子供の頃、頭に生えてる鬼のような角からきていますが、成長と共になくなってしまいます。また側線が溝状に開いていることも特徴の一つです。
姿から想像できるが、活発な肉食魚でかなりの獰猛です。

オニキンメが体長1メートルぐらいあったらと思うと怖くて眠れないですね…。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.umafish.com/mt/mt-tb.cgi/5

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2008年01月16日 20:02に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「リュウグウノツカイ」です。

次の投稿は「ニシオンデンザメ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35