« オンデンザメ | メイン | オニキンメ »

リュウグウノツカイ

深海魚の中でも知名度がトップクラスの巨大魚『リュウグウノツカイ』

名前:リュウグウノツカイ
体長:5.5~10メートル
深度:1000メートルに生息
リュウグウノツカイ

大きい画像はこちら

幼少の頃に魚図鑑などで幾度も目にした事があるリュウグウノツカイ。
深海魚の中でも抜群の人気と知名度を誇る割に目撃例が少ないのが特徴です。
外洋の中層で、群れを作らず単独で生息していて、人前に姿を現すことは滅多にありません。
生態のほとんどが不明ですが、インド洋から太平洋にかけての深海に分布するとみられています。

和名「龍宮の使い」といい、全長は5.5mほどですが、10mほどになるものもいます。体は左右から押しつぶされたように平たく、タチウオのように細長いです。表面は銀色を帯びたまだら模様で、ヒレが真っ赤というインパクト満点の容姿をしています。
肉食性でイカ、エビを主食とし、敵は外洋性のサメ類と考えられています。

傷ついた個体や波浪に巻き上げられた個体がたまに海岸に姿を現し、沿岸の住民を大いに驚かせますが、そのインパクトの強い外見から日本の龍宮や人魚、西洋諸国のシーサーペントなど、多くの伝説が生まれたと考えられています。

----------------------------------------------------------------------
1995年の大晦日の日に、茨城県波崎町で砂浜に打ち上げられている
リュウグウノツカイが発見された。(参照:挑戦!深海魚釣り!)
----------------------------------------------------------------------

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.umafish.com/mt/mt-tb.cgi/4

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2008年01月16日 05:57に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「オンデンザメ」です。

次の投稿は「オニキンメ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35