« ラブカ | メイン | リュウグウノツカイ »

オンデンザメ

深海に住むサメの中でも最大級の大きさを誇る『オンデンザメ』

名前:オンデンザメ
体長:7メートル
深度:200~300メートルに生息

オンデンザメ 画像
深海に住むサメの中で最大級の大きさになるサメがオンデンザメです。北大西洋のニシオンデンザメと北太平洋のオンデンザメ(ユメザメ)、地中海にいる別種が、オンデンザメ属に属します。

巨大肉食鮫メガロドン(体長13メートル。史上最大の恐るべきサメ)が海底に生息していた!という目撃は、ほとんどがオンデンザメだと思われます。個人的にはメガロドンに存在して欲しいですが…。

フランスの深海探査木ノチールが推定7メートルのオンデンザメを観察したところ、ホオジロサメと同様に肉食ではありますが獰猛ではないとの結果がでました。
体型は、魚雷のようなずんぐりとした紡錘形で、非常にボリュームがあります。体に対して目はずいぶん小さく、尾びれが硬骨魚のように上下の大きさがさほど変わりありません。背びれは二つありますが、ピンと立っておらず、泳ぎもゆっくりなようです。

体長7メートルで重さ1トンに達したオンデンザメもいるようで、これが獰猛だったらと考えると、恐ろしいですね。

日本でも何度も捕獲されているようです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.umafish.com/mt/mt-tb.cgi/3

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2008年01月16日 04:37に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ラブカ」です。

次の投稿は「リュウグウノツカイ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35